どんな高級腕時計を選んだら良いかその選び方をご紹介

スーツの裾から少しだけ見える腕時計。それが安物の腕時計なのか高級腕時計なのかで、相手が受ける印象が大きく変わってしまいます。そもそも高級腕時計は、「それだけの腕時計を所有するほど余裕がある」ということを相手に知ってもらうためにも重要なツールです。大切な商談の際、裾から見える時計が安物だった場合、「この人は本当に余裕があるのか?」といらぬ心配をさせてしまいます。自分は余裕があって信頼に値する人物なのだ。そうさりげなく主張するためには、高級腕時計は必要不可欠な存在と言えます。しかし、ただ単に金額が高い腕時計を買えば良いというわけではありません。それぞれ使うシーンや職業によって選ぶべき時計は変わってきます。今回は職業別、シーン別にどのような時計を選ぶべきなのか、紹介していきます。

就いている職業によって選ぶべき腕時計は?

高級腕時計と言っても、ブランドやタイプによって印象が大きく変わってきます。きちんとTPOに合った腕時計を選ぶべきです。まずは公務員や銀行員などの場合。これらの職業では清廉潔白、堅実さを印象付けることが求められます。選ぶ腕時計はクロノグラフを避け、三針のシンプルな時計を選びましょう。会社社長や高級車の営業マンなどの場合。これらの職業ではゴージャスさ、羽振りの良さを見せなければならないため、クロノグラフやダイバーズウォッチなど、派手な時計を選びましょう。材質もステンレスではなく、ゴールドやプラチナなど、派手で見栄えの良い時計を選びましょう。アパレル関係や、美容師などの場合。これらの職業の場合、オシャレさを出す必要があります。スポーツモデルやクロノグラフなどなど、全体的にオシャレに見える時計を選びましょう。バンドは革バンドなど、オシャレな物を選ぶと良いでしょう。

シーンによって選ぶべき時計は?

高級腕時計は利用するシーンによっても選ぶべき時計が変わってきます。まずは商談など、契約書が伴うシーンに利用する場合。この場合、デイト、日付機能が付いている時計を選ぶべきです。契約書にサインをする場合、サインをした日付を明記する場合が多いです。その際さりげなく時計で確認できると、スマートで常に日付に気をかけていることを演出できます。結婚式やパーティーなどにお呼ばれされた場合。この場合はある程度フォーマルを気にかけ、シンプルな三針の時計にすべきです。バンドはシンプルなメタルバンド。清潔感のある落ち着いた時計を選ぶと印象が良いでしょう。ただし、アパレル関係など、華やかな職業の場合、あえてオシャレにスポーツモデルやクロノグラフなど若干派手目の時計を選んでも良いかもしれません。これらの職業や利用するシーンによって選ぶべき時計は異なってきます。シーンに合わせて2、3個の時計を用意するのがベストです。